ようこそ やきもの くりはら工房 へ

  






お知らせ  2018/10/17

工房の営業について

10月17日(水)で工房での営業を終了しました。
三芳での30年の間
たくさんの方々にお世話になりました。
ありがとうございました。
工房の引っ越しで、
しばらく仕事はお休みしますが、
再開の折には、また、お知らせします。
よろしく、お願いいたします。







お知らせ  2018/10/14


道の駅「鄙の里」のくりはら工房のコーナーは、
10月31日(水)で終了します。

11月以降、展示場所は、移動しますが、
一部の品(動物など)の扱いはあります。




 ちょつと早いですが
2019年干支「亥(いのしし)」

出来ました!



工房移転のお知らせ 2018/8/18

2018年11月をめどに、
茨城県笠間市に、移転することになりました。
  子供が、水戸にいることや、
今後も、仕事を続けてゆくのに、
便利かなと思い、移る事にしました。
また、仕事を再開しましたら、
ホームページでお知らせします。

長い間お世話になり、ありがとうございました。





「表札」
どうぞご覧ください。






                       工房案内看板 設置(3カ所)しました。
                 クリック 鄙の里 :くりはら工房のコーナーです。

栗原 誠 ・ 敦子 

〒294-0823  千葉県南房総市府中 190-2

Tel・Fax 0470-36-3342   ◆工房は月曜日定休
MAIL kurikoubou@topaz.ocn.ne.jp 

南房総の三芳村(現南房総市)に移って30年、 工房のまわりの木々も大きくなって南国の夏の
強烈な日差しに木かげをつくってくれるようになりました
。 

遠くの山なみ、 水をたたえた田んぼ、 コゲラのハスキーヴォイス、 足もとを  
よこぎるオサムシの輝き、 みんな季節のなかで何げないやすらぎや
おどろきをあたえてくれます。

くりはら工房オリジナルの釉薬も、 松灰・杉灰・メロン灰・わら灰や嶺岡の石を 
加えて、 その仲間を増やしました。 この形にはこのうわ薬にしようとか、 
 このうわ薬はこういう形に使おうとか、 あれこれ考えたり迷ったりするのも
楽しいひとときです。

そうしてうまれたひとつひとつの作品が、 楽しんで使っていただけたら      
とてもしあわせです。